30歳を過ぎた健康診断で、数値が高くなってしまいがちなコレステロール・・・。再検査とはいかないまでも、基準値ぎりぎりの値に、どきどきしている方も多いと聞きます。実は私もどきどき派・・・中性脂肪は少なすぎるって出るのに、不思議ですw

LDLコレステロールが多い状態が招く、ヘドロ血管?

コレステロールには、LDLコレステロールと呼ばれる、悪いことをしでかしがちな悪玉コレステロールと、HDLコレステロールと呼ばれる、悪いことをしでかした悪玉コレステロールを叱ってくれる善玉コレステロールの2種類があります。

人間のカラダの細胞が取り込むことができるコレステロールには、限界があります。食べ過ぎ、飲みすぎ、脂質の多い食事など、不摂生な生活習慣でコレステロールを摂りすぎると、この限界値を超えてしまいます。すると、どうなるか・・・そう、細胞から血液の中にコレステロールが流れ出てしまいます。

あふれ出たLDLコレステロールは、動脈の壁にべたーっと付いてしまいます。まるでお掃除をしないで放置した流しの汚れみたいに・・・。そして、どんどん血液の通る道が狭くなっていきます。血液はドロドロになり、しまいには、血管が詰まってしまいます。これが、いわゆる動脈硬化です。

実は、この詰まった状態を助けてくれるお掃除やさんが、前述したHDLコレステロールです。HDLコレステロールは、壁についてしまった余分なコレステロールをキレイにとって、肝臓に運んでくれます。なので、大事なのは、悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスだったりします。善玉コレステロール(=お掃除屋さん)がいなくて、悪玉コレステロール(=ヘドロ)が多い状態が続くと、血管が破裂することもあるというのですから、驚きです。

善玉コレステロール(=お掃除屋さん)を増やすには?納豆を食べよう!

まず、悪玉コレステロール(=ヘドロ)を減らすには、善玉コレステロール(=お掃除屋さん)を増やす方法があります。これをやろうとするならば、納豆はとっても有用なんです。

納豆に含まれる「大豆イソフラボン」には、HDLコレステロールを増やし、LDLコレステロールを減らすことができる成分が含まれていると言われています。また、同じく納豆に含まれる「大豆レシチン」には、HDLコレステロールをLDLコレステロールに変える力があると言われています。実は、HDLコレステロールとLDLコレステロールは同じ材料でできていて、どちらにも変わることができ、「大豆レシチン」がたくさんあるところでは2つのコレステロールのバランスが保たれやすくなります。

コレステロールを体の外に出すには?納豆を食べよう!

お掃除やさんを増やす方法のほかに、コレステロールをとにかく便などと一緒に体の外に出す方法があります。この方法をとるときも実は納豆はとても有用なんです。納豆には、水溶性の食物繊維がたくさん含まれています。水溶性の食物繊維とは、水に溶けやすい食物繊維のことで、人間の腸の中にある水分に溶けることができます。そこで、コレステロールを包み込んだ胆汁酸が吸着し、これが便となって、カラダの外にでます。

納豆、すごいですよね!コレステロールの多さに悩むみなさんは、「大豆イソフラボン」「大豆レシチン」「水溶性食物繊維」のトリプル作用を狙って、納豆を食べましょう♪ 私も食べますw


ランキング参加中、応援お願いします♪
↓↓ 現在の順位はこちら ↓↓


- SPONSORED LINK -