ダブルカルチャードってなに?

少し前から飲食店などでちらほら見かけるようになった「ダブルカルチャード」。Twitterで拡散されたことで、ビールの苦みが苦手な若者層にわ~~~っと広がり、今やちょこっとブームになっています。

ビールで乾杯
ビールで乾杯

その正体は・・・なんとビールのカルピス割りです。
さっぱりとした甘さが飲みやすく、ビール離れが激しい若者もにも大好評。たしかにごくごくいけちゃうので、逆に注意が必要かも?!

個人的には、ネーミングが素敵だなぁ~っていうところに注目しています。 「カルピスビール」って言われたら、なんとなくおいしくなさそうだけど、「ダブルカルチャード」ってなんとなくかっこいいですよね。名付け親の方はスゴイ。

「カルチャード」とは、「cultured(発酵した)」から来ているそうで、ビールの「酵母菌」とカルピスの「乳酸菌」の2つの発酵からできているから、「ダブルカルチャード」とつけられたとのこと。発酵に注目するセンスが素敵です。^^

ダブル発酵の健康効果は期待できる?

ビールを使ったカクテルは、「レッドアイ(ビール&トマトジュース)」、「シャンディガフ(ビール&ジンジャーエール)」などなんとなく健康によさそうなものが多いけど、カルピスとのコラボもなかなか健康的なイメージですよね。

翌日の肌が気になるなら「レッドアイ(トマトはちゃんと絞りたてを使いたい)」、カラダが冷えてしまう時は「シャンディガフ(ちゃんとすりおろしショウガを入れたい)」、腸内環境の正常化を目指すなら「ダブルカルチャード」と、どーしてもビールが飲みたい時に、カラダの状態に合わせて飲んでみてもよいかもしれません。

菌はそれぞれに働きや得意なカラダの中の場所が違うので、1つの菌だけとるよりも多くの菌をとる方が体にとってはよい効果をもたらします。ビールでビール酵母だけを取るよりも、カルピスで乳酸菌も一緒にとるほうがよいかもしれませんね。(若干、糖の量は心配ですが・・・w)

ダブルカルチャードの作り方

作り方はとってもかんたん♪

まず、コップにカルピスを入れ・・・その後、ビールをカルピスの5倍程度そそぐだけ。
(カルピス:ビール=1:5)

かんたんすぎて、もう終わってしまったww レシピもなにもないですね。
でも・・・甘口でおススメ!特にビールが苦手な方は、一度トライしてみてくださいね♪


ランキング参加中、応援お願いします♪
↓↓ 現在の順位はこちら ↓↓


- SPONSORED LINK -