実は、私自身、若く見えるねー!と驚かれる理由を研究していた時、「あれ?発酵食品のせいなんじゃね?」と最初に思ったきっかけは、チョコレートが発酵食品だということを知った時でした。これは、私にとってはかなりの衝撃で・・・自分自身の童顔研究がこれで進むかもしれない!!と、科学者よろしく、希望に燃えたものです。(心の底では、やった!チョコ、カラダによさそう~。チョコを食べていい言い訳ができたぞ~!と同時に思っちゃってましたがw) というのも私・・・かなりの、チョコレート中毒者なんですw

シェアハウスとかで他人と住んでみると、「なんでチョコばっかりこんなにストックしてんの?なんなの??気持ち悪いwwカラダ大丈夫?」ってだいたい心配されてました・・・w

チョコレートは、実は・・・発酵食品なんです♪

チョコレートの原料がカカオ豆だというのは、有名な話ですよね。このカカオ豆は、カカオの実の中に入っている種なんです。カカオは収穫されると果肉ごと全部、酵母で発酵され、粘り気がでるほどになってきたら、干されます。

発酵状態ではかなり水分が多く、一般的には約3分の1が水分のようですが、干した後の水分は10分の1以下になります。この状態、結構「クサい」らしいんですよ。足の裏の臭いと形容されることもあるようです。さすが、発酵食品!この乾燥物を焙煎するとチョコレートの原料になります。

カカオの果肉や種に含まれる糖やタンパク質が酵母による発酵によって、抗酸化成分をだし、その抗酸化成分が脳卒中や高血圧の予防、血管の若返りなどに関連があるとか・・・ほんと、カラダに悪いものではないんですよね、チョコは!

ギネス認定長生き女性の長生きの秘けつは、チョコの抗酸化作用?

日本は長寿の国ですが、ギネスブックに認定されている長生き女性は、実は日本人ではなくてフランス人の「ジャンヌ・カルマン」さんという女性です。彼女は、世界中から長生きの秘密を知りたいと注目されました。でも、なるほどと納得するようなわかりやすい理由はなかったそうで・・・食べることは大好きだったみたいだけど、野菜嫌いで、健康オタクではなかったそうです。おまけになんと、喫煙者!だったという記録が残っています。

注目されたのは、彼女の好きな食べ物!なんと「チョコレート」でした。1週間に1キロ近いチョコレートを食べていたらしいという話も・・・。でも、実は彼女だけではないんですよね・・・比較的長生きな外国人の好きな食べ物を調べてみると、「チョコレート」とか「赤ワイン」とかを口に出す方がとても多いのです。これらの抗酸化作用はバカにできないかもしれません。(ちなみに私、お酒の中で一番好きなのは・・・「赤ワイン」と「日本酒」ですw)

もちろん体質にもよるし、みんながみんな「チョコレート」を食べると長生きできるとは思えませんが、逆に長生きと関係ないと言い切ることもできなそう・・・。とはいえ、チョコレートに含まれる糖や脂肪の多さは・・・やっぱりちょっと気になります・・・。私も、チョコレート中毒を疑われるほどは食べないように・・・気を付けなくちゃ・・・。笑


ランキング参加中、応援お願いします♪
↓↓ 現在の順位はこちら ↓↓


- SPONSORED LINK -