昨日、東北大学が

アルコール依存症患者の腸内フローラでは、

健常者よりも『通性嫌気性菌』が多い!

という研究結果を発表しました。

 

『通性嫌気性菌』っていうのは、ざっくり言うと、

『酸素があってもなくても生きていける菌』のこと!

 

よく比べられる『偏性嫌気性菌』は、

『酸素が大嫌いで、酸素があると死んじゃう菌』のことなので、

基本的には『酸素なんてどうでもいいわ~』って思っている菌たちです。

 

『好気性菌』っていう、『酸素がないと生きていけない』菌もいるので、

『通性嫌気性菌』は、ふんわりしたどっちつかずの菌とも言えそうw

 

『通性嫌気性菌』にどんな菌があるのか調べてみたら、

大腸菌とかー

肺炎桿菌とかー

インフルエンザ菌とかー

みたい。

 

▼大腸菌
本来は無害だけど、病原性があるものもあって
下痢や腹痛の原因になったりもする・・・O-157は病原性大腸菌の1種。

 

▼肺炎桿菌
免疫力が弱くなっている人に、感染しやすいみたい。
肺炎や尿路感染症、敗血症などを起こす可能性がある。

 

▼インフルエンザ菌
冬に流行するインフルエンザとは全く別のもので、
やっぱり脳やのど、関節、肺などに重い病気を引き起こす細菌のひとつ。

 

アルコールは悪玉菌を増やすとは言うけれど…

やっぱり飲みすぎはよくないですね~。

気をつけねば…。

 

↓っていいながら、
先日もライムカクテル飲んじゃったんだけど…w

ライムベースカクテル


ランキング参加中、応援お願いします♪
↓↓ 現在の順位はこちら ↓↓


- SPONSORED LINK -